探偵社の選び方

「探偵」という文字を国語辞典などで索引してみると、「こっそり事情を探る事、特に犯人の罪状・行動などをこっそり調べる事、また、それを職業とする人」と記載されます。

また、英語では探偵も刑事共に「DETECTIVE」(デテクティブ)と言われ、英国や米国圏では非常に修得しがたいライセンスになっており社会的地位もかなり高い位置に属する職業です。
日本では探偵と刑事とを混同しないために探偵の事を「PRAIVETE DETECTIVE」(プライベートデテクティブ)「PRAIVETE EYE」(プライベートアイ)と呼ぶようになっております。


探偵社を選ぶポイント
 
 
探偵という固定観念に縛られたイメージに錯覚はないでしょうか?

例えば、電話帳の誘大広告、「○○認可・テレビでおなじみ・創業○年の実績・○○法人・○○協会な探偵社」の広告に惑わされてはないでしょうか?
探偵社は大小様々であり大小に関係なく、調査の正確さとクライアントの立場になれる探偵社が一番の解決につながる第一歩です。
誘大な広告に惑わされ、大小で探偵社を決めるのは危険な事です。
信頼のできる探偵社には大きさは関係ありません。大切なことはクライアント様との信頼です。

 
 
 信頼できる探偵・興信所
 

信頼できるかどうかの判断は外見も大事ですが適正な料金で調査を進めてくれる事で正確な結果を出し、クライアント様の解決に導く事が信頼と実績につながります。
 
探偵にとって大切な事は、依頼を受けて調査を行い結果を出して終わりではなく、クライアント様のすべての悩みを解決する調査をしなければ信頼にはつながりません。
どんなにすばらしい調査技術があってもそれは探偵社の単なる自己満足にしか過ぎません。
大切な事はクライアント様の不安をなくし「笑顔になれる」それですべてが解決となります。
まずは勇気を出して、友達に相談するような感覚でお電話してください。


そこからあなたの不安が解消され、笑顔を取り戻す第一歩です。



|戻る|